お知らせ


この秋、国内有数のコンビプールが誕生

湘南地区のスケートボード、BMXなどのスポーツの拠点となっている鵠沼海浜公園スケートパークは、平成13年7月の開設以来、多くの方にご利用いただき、昨年度は約29,000人の方にご来場いただきました。

スケートボード、BMXフリースタイル等の競技は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で新たに種目に加わったことにより、オリンピック気運の高まりとともにさらに盛り上がっていくものと考えております。

そのような中、鵠沼海浜公園に、スケートボードの国際的な競技の開催も可能な大規模なコンビプールを建設し、この秋オープンする予定です。

 

1 場  所     鵠沼海浜公園スケートパーク(藤沢市鵠沼海岸4-4-1)

2 整備主体     株式会社湘南なぎさパーク

3 監  修     一般社団法人日本スケートボード協会

4 施設内容     コンビプール(約1,100㎡)

5 整備スケジュール 2018年(平成30年)7月末着工~11月初旬完成

6 施設の概要    スケートパーク西側の約1,100㎡のエリア(ホッケーリンクエリア)におわん型、山型、斜面などの大小さまざまな構造物を組合せ、コンクリートで一体的に形成、最大高低差は約3m、スケートボードの国際レベルのパーク競技が可能な会場を想定しています

 

(一社)日本スケートボード協会事務局長 横山 純氏のコメント

この度、日本初の国際レベルのパークコースを建設する運びとなりました。

 日本のスケートボード業界にとって悲願であった国際レベルの競技施設の誕生により、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた練習環境が整ったと言え、この施設の誕生によりメダル獲得も現実味を増してきました。

 また、湘南という横乗り文化へ理解がある立地という事もあり、様々なシナジー効果を生み、日本のシーンに大きな影響を及ぼす拠点として発展していくことに期待しています


ページトップ


〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目2-7藤沢トーセイビル 5F

Copyright © Shonan Nagisa Park Co.,Ltd.