ハーバーマスター今日のブログ


[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]
2017年11月04日(土)

オリンピックウィーク&台風21号被害について

H.29.11.4 オリンピックウィーク&台風21号被害について

 

 愛知県蒲郡「海陽ヨットハーバー」を舞台に開催された「セーリングワールドカップ」が10月22日(日曜日)に終了しました(実は自分も視察で蒲郡にいました)。そして蒲郡大会終了後、ほぼ大半の海外チームは、引き続き江の島で開催される「江の島オリンピックウィーク(10月26日から29日)に参戦するために翌日の23日から順次江の島に集結する予定でした。

 江の島オリンピックウィークは参加艇数約260艇、コーチボートや運営艇が約100艇、ビジターバースやポンツーンは海外チーム艇やコーチボートで溢れ、完全にキャパを超える状態が想定されました。

 また一方では「台風21号」も北上し、江の島に進路をとりはじめ直撃の恐れも出てきました。そんな中、スピードを上げた台風21号が23日早朝に海外チームの到着を待たずして江の島を容赦なく襲い、23日午前4時頃、最大風速33m/s(南南東)を記録し、同時間帯に満潮時間と波浪と高潮(データーだと232cm、これは通常の満潮時より1m以上高い異常潮位です)が重なり、南側防波堤を完全に越波し、まるで津波が襲来したかのように道を隔てたヨットクラブのディンギーを新聞やニュースで報道された映像のように将棋倒しにし、女性センター跡地に置かれた海外チームコンテナ約10基を押し流し、県営駐車場の料金所や旧保安署プレハブ等をグチャグチャにし、さらにハーバー前臨港道路も増水した川の状態、ヨットハウス内も床上浸水状態になる被害が発生しました。

 江の島ヨットハーバーの施設や艇の被害については、各ポンツーンは鉄柱から抜ける寸前で止まり、さいわいクルーザーの被害はほとんどありませんでした。

 ディンギーの被害については、風プラス越波の被害が多く、船台からズレ落ちた艇が多数あり、スロープからの波で流失してしまったディンギーが4艇、このうち3艇は東浜や腰越から回収しましたが、未だ1艇は行方不明の状況です。また、バース内に置かれていた固定されてない収納ボックス等もほとんどが風と波に持っていかれました。また、係船リングごと抜けた箇所も二か所あります。天災とは言え何らかの対応の術がないのか?現在、関係機関と調整交渉中です。

 台風以降機能を失って閉鎖していた県営駐車場ですが、現在防波堤遊歩道及び釣り広場及び県営駐車場の左半分は閉鎖中、右半分については、「かもめ駐車場(女性センター跡地)入庫ゲート」から入り、県営駐車場右半分に入れるルートを仮設し、利用可能な状態になりました。料金についても、ヨット利用者割引が適用されますので駐車券をハーバーフロントに提示してください。

 なお、ディンギー被害の詳細については、台風通過後に異状があった艇の写真付きリストの作成作業を現在進めています。

 ちなみに、この大型台風後の混乱により一時は開催さえ心配されていた「オリンピックウィーク(37か国参加)」は関係者及び関係機関の迅速な対応により、無事終了し、海外チームは喜んで(?)帰国または次の開催国へ戻っていきました。

 今回の台風の教訓は、室内競技とは違い、セーリング競技は海や自然が競技自体に直接係わり、来年のプレプレ、再来年のプレ、オリンピック本番、全て台風の襲来時期にあたります。大会運営や在港艇の移動場所も含め「台風が来たときは?・・」というシミュレーションは必ず必要だと思います。

続きを読む...

2017/11/04 10:21 | 未分類

2017年09月14日(木)

「RS:Xワールド」開催

 2020年オリンピックセーリング競技に先立ち、2018年にプレプレとワールドカップ、2019年にプレとワールドカップが開催される予定ですが、そのまた前哨戦ともいうべき大会が今年から既に始まっています。
先月に「470ジュニアワールド」が開催され、今月の16日から24日にはオリンピックセーリング10種目のひとつである「RS:X」というウインドサーフィンの世界大会がハーバーを拠点として開催されます。
  世界各国からのエントリーは約180艇になります。プロムナード仮設バースに3段ラックが組まれそこに収められ、プロムナードの入口側約半分は海外チームの選手村状態になっています。同時に練習も始まっていて、江の島ヨットハーバーでは通常見慣れないウインドの出艇が見られます。ディンギーと違いウインドはセイルが常に立ってないため、陸上でのフィッティングにはそれなりのスペースが必要で、バースやスロープの調整、通路の確保等が課題です。また、言葉の壁(微妙な意思の疎通)や砂浜とハーバーとのルールの違い、文化の違いに直面しているのが実状です。その他にも色々な課題が見えてきて、これらを一つ一つ「プラクティス」することにより、来年、再来年そして本番に繋がると思っています(・・・思わず英単語が飛び出してしまいました!)ただ、センタープロムナードを利用する一般の方々や在港艇の方々の通常の利用に関しては、ご不便をおかけすることは確かなので現在精一杯の調整中です。また、ここへ来て「台風18号」の急カーブ接近です。明日の時点で台風の進路予想がほぼ把握できるので、ハーバー全体の荒天対策と漁船の避難入港も加えて最終の調整を行う予定です。

続きを読む...

2017/09/14 17:28 | 未分類

2017年08月18日(金)

「27年ぶりの世界選手権開催」

1964年に東京オリンピックセーリング競技がこの江の島で開催され、その後、1985年に「505級世界選手権」、1990年に「FB級世界選手権」が行われましたが、今月8月26日から9月2日の日程で「470級ジュニアワールド選手権」が開催されます。実に27年ぶりの世界大会がこの地で行われることになります。

それだけではありません。来月9月16日から9月24日には、世界大会第二弾として「RS:X(五輪種目)ワールド」が開催される予定です。

また、本日から「470級全日本選手権」が行われ、この大会にも海外トップクラスの選手が多数エントリーしており、この江の島ヨットハーバーは、既にオリンピックの前哨戦ともいうべき大会が次から次に行われます。

現在、ヨットハーバーは、ハウス前に計測所用のテントが設置され、ビジターバースには、海外各国のネームが入ったディンギー、コーチボートで溢れるほどの賑わいです。

本日は、「470級全日本」の開会式が夕刻に行われ、神奈川県からは、副知事が来賓として出席されるそうです。そして、和太鼓のセレモニーが組まれ、その太鼓の響きと共にこの一連の大会の幕が開きます。

続きを読む...

2017/08/18 14:44 | 未分類

2017年07月17日(月)

女性センター跡地

現在、ハーバー前にあった「神奈川県立女性センター」は跡形もなく無くなり、

駐車場として生まれ変わろうとしています。

駐車場といっても、2020年東京オリンピックセーリング競技が終了するまでは、多機能な施設として利用される予定です。

当面の役割としては、

①一般車約500台、大型バス14台収容の駐車場機能

②各国から事前キャンプを目的とした40Fコンテナ置場(約30基)

③オリンピックテストイベント時の既存艇の一時保管場所の機能

また、2020年の本番時にはプレスセンターなどの仮設建物が建てられる構想になっています。

 

この駐車場は「かもめ駐車場」と名付けられ、管理は当社(湘南なぎさパーク)が行うことが決定しました。

既存艇の一時移動場所という役割があるため、車の駐車枠にはあらかじめ脱着式の係船リングが取り付けられるように工夫されています。

オープンは、7月21日予定です。利用料金等詳細は湘南港ホームページをご覧ください。

 

また、コンテナ置き場には、すでに7基のコンテナが入っており、海外からのセーラーが事前キャンプで徐々に練習を開始しています。ハーバー各所で英語、フランス語、オランダ語が少しずつ飛び交い始め、そのうちにスペイン語やイタリア語、ドイツ語、中国語他が飛び交うオリンピックハーバーが50年の時を経て再始動し始めたという感じです。

2017/07/17 17:03 | 未分類

2017年05月24日(水)

2017神奈川県民セーリング大会チャリティ観覧船

6月4日(日)に毎年恒例となった「神奈川県民セーリング大会」が開催される予定です。

この大会は神奈川県セーリング連盟と湘南港指定管理者㈱湘南なぎさパークによる共同開催で、

昨年に引き続き津波被災地のセーリング連盟の復興支援の目的を兼ねたチャリティーレースです。このため、当方から「チャリティレース観覧艇」を出航させます。

 

観覧艇出航予定時間は次のとおりです。

① 11:10~11:40分  定員 10名

② 11:55~12:25分  定員 10名

③ 12:40~13:10分  定員 10名

 

・小学生以下は2名で大人1名の定員となります。

・チャリティ乗船料は1名500円からです。なお、乗船料は、全額神奈川県セーリング連盟経由で被災地セーリング連盟に寄付されます。

・使用艇は、ハーバーの救助艇「レスキューSNP(大型ゴムボート)」を使用します。

・艇長は、私が務める予定です(簡単な解説付き)

・ヨットに興味のある方はどなたでもOKです。

 

乗船希望の方は、5月24日(水)から当日の朝までに、電話または直接フロントで予約を受け付けます。ただし、先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

ライフジャケットは当方で用意しますが、濡れてもよい服装でお願いします。

また、状況により乗船時間が遅れたり、天候によりレースが中止になる場合がありますのでご了承ください。

 

*みなさん、レスキュー艇に気楽に乗船できるチャンスはそう簡単にはないので、是非ご参加ください。

2017/05/24 09:56 | 未分類

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]

ページトップ


〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目2-7藤沢トーセイビル 5F