ハーバーマスター今日のブログ


[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2020年10月23日(金)

ハーバーの現状(10月現在)

 オリンピックが延期になり、各地に移動していた既存艇は移動先から一旦戻った艇もあれば、そのまま移動先に留まっている艇もあります。

 そして現在は、来年のオリンピックのためにディンギー、クルーザーそれぞれ移動に係る県との契約パターンに基づいて再度移動先に移動する艇が少しずつ増えており、依然としてハーバーは落ち着かない状況です。

 現在、世界的に「新型コロナ」という名の霧がかかり、その先に見え隠れするオリンピックという光に漕ぎつけようと関係者は準備を進めています。また、同じく昨年中止となった「ワールドカップシリーズ江の島大会」も来年6月に「ワールドイズワン江の島セーリングカップ2021」と名前を変えて開催に向け準備中です。

 その一方で来年の移動までの数か月間、数少ないビジターバースを利用して大会主催者は海上集合やレセプション中止等のコロナ対策を十分考慮し、さらに規模を縮小して江の島で大会を組み、11月には「全日本470選手権」「全日本OP級選手権」などの全日本クラス級の大会も予定されています。

 また、学生ヨット部も次の代を絶やさないようコロナの霧をかき分けて部活を少しずつ再開しています。もちろん日の丸セーラーズも毎日練習している状況です。

 人類が新型ウイルスを克服し、世界中に漂っている霧が晴れ、活気溢れるヨットハーバーに戻ることを祈ります。

2020/10/23 08:11 | 未分類

2020年06月02日(火)

「今後のクラス別予告信号」

 

 新型コロナウイルスパンデミックのため、3月24日江の島ヨットハーバーには「オリンピック延期」という大きなAP旗(延期信号)が揚がりました(実際には掲揚はされていませんが・・・)  

 その後、「延期は約1年後」という旗がAP旗の下に追加され、さらに4月7日に国からは「緊急事態宣言」という大きな信号が発せられました。

 そして約1か月半後の5月26日午前0時をもって緊急事態宣言のフラッグを国は下ろしました。第二波が来て再びこのフラッグが揚がる可能性はあるものの、取り敢えずステイホームは緩和され、経済もハーバーも再スタートを切れる状況になりました。

 今後、皆さんの艇を一旦戻す方向で県は調整しているようですが、戻るタイミングや契約の問題や戻ってもビジターバースが確保できないためビジターを含んだ大会の開催が難しい状態であることなどを考えると、現在の移動先にいたほうが逆に大きな大会や活動ができる場合もあります。それぞれの移動先の状況や今後の活動計画等、各艇の現在置かれている状況によって一旦戻るか戻らないかの判断が生じてきます。

 いずれにしても係留クルーザー、陸置クルーザー、ディンギーそれぞれ次のクラス別予告信号を心待ちにしていることと思いますが、係留クルーザーについては、すでに県から文書が発送され、ディンギーについては、現在発送準備を進めているそうです。近々には県から文書による予告信号が皆さんに届けられると思います。

 というわけで、コロナ感染対策に十分留意しつつ、皆さんとハーバーで再会できる日が近いかもしれません。

2020/06/02 10:41 | 未分類

2020年04月02日(木)

現在のハーバーの状況(4/2現在)

オリンピックを迎えるために既存艇に移動の御協力をお願いし、バースや駐車場には仮設ユニットハウスやテントが建ち並び、バース路面等の土木工事も最終段階に入り、オリンピック開催の受け入れ準備がほぼ8割程度進んだタイミングでのコロナウイルスショック、そしてこれが世界規模で拡大し、遂にオリンピックが延期となってしまいました。 3年以上かけて調整してきた準備作業が一瞬で宙に浮き、全て再調整されることになってしまいました。現在は、ウイルスによる死者も拡大して世界的に人々の生活すら脅かす緊急事態になっています。

さて、一年後の723日に延期の日程が決定し、これに合わせて具体的な課題に対しての各調整がこれから始まります。

現在各所に設置されているユニットハウスやテント、電気設備や通信設備、大規模な南緑地の中継施設、、、これらを存置?一部撤収?一時撤収?、それに伴った各業者さんとの契約に係る問題?、そして移動した既存艇に一旦戻ってもらうのか?戻さないのか?、一部戻すのか?、まだ移動してない係留クルーザーを移動するのか?しないのか?、移動に係る各艇との契約をどうするのか?、このほかにも早急に調整しなければならない課題が山積みで、組織委員会も県セーリング課も8割まで進んだ準備事項を再検討する作業は容易なことではないと思います。しかも、世の中全般的に在宅勤務やテレワーク基本の環境下であることも考えると「どうなるの?どうするの?」の質問に答えが出るのはもうしばらく時間が必要だと思います。というわけで、現在はすべて調整中で、一部方向性は決まりつつあるもの、ほぼ何も決まってないのが現在のハーバーの状況です。

続きを読む...

2020/04/02 13:57 | 未分類

2020年02月14日(金)

オリンピックに伴う既存艇の移動状況

オリンピック開催まであと5か月半になり、既存艇の移動が進んでいます。

ディンギーヤードにある既存艇は約500艇で、2月13日現在約290艇が各移動先へ移動しました。

また、クルーザー陸置艇は56艇ですが、現時点で30艇が移動しました。今後、ディンギーと陸置クルーザーは2月末で全て移動し、3月から各種仮設工事のラッシュが始まります。

係留クルーザーについては、4月から移動が始まり5月中旬で完了し、すぐにポンツーン等の工事が始まります。

かもめ駐車場や南緑地は既に大規模な仮設工事が始まっていて県営駐車場も3/1日~4/中旬まで西側半分が工事のため閉鎖され、4/中旬から9/上旬までは東側半分も工事が始まり全面閉鎖になる予定です。

我々指定管理者は既存艇がいない間どうなるのか?というと、けして追い出されるわけではなく、組織委員会や県セーリング課からの依頼を受け、オリンピックに係る支援業務に携わることになります。

日々少しずつバースがスカスカになって寂しい限りですが、今のところ移動作業は順調でオリンピック組織委員会や県に代わり皆様のご協力に感謝いたします。

続きを読む...

2020/02/14 12:34 | 未分類

2019年12月14日(土)

「2019ハーバーイルミネーションについて」

 2019年ハーバー最後のイベント「ハーバーイルミネーション」が開催されます。
・日程 2019年12月21日(土)~25日(水)の5日間(24日火曜日は休館日ですが、プロムナードはオープンします)
・開催時間 17:00~21:00 プロムナード夜間一般開放
 在港艇係留クルーザー協力艇の方々へ
・ロープライト貸出予約
現在フロントで受付けています。昨年協力していただいた艇の他に「今年はライトアッ
プに参加してみよう」という艇についても受け付けています。ロープライト(50m巻)
15コイルほど余裕があります。
・ロープライト貸与期間
 12月15日(日曜日)から25tクレーン待機所で予約された方にお渡しします。
返却については、お渡しした状態にして12月28日土曜日までに25tクレーン待機所へ返却してください。
・艇への装着及び脱着について
 ご自身でロープライトをマストトップへブロック等を利用して吊上げ、セールのイメージにしてください。
 脱着についてもご自身で行ってください。
・ポンツーンの配線について
 ポンツーンの配線は当方で行います。
・点灯と消灯
 点灯については、当方がブレーカーにより一斉点灯します。
 消灯についても、当方がブレーカにより一斉消灯します。
以上宜しくお願いします。

2019/12/14 18:26 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

ページトップ


〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目2-7藤沢トーセイビル 5F